経口避妊薬ノリディ通販※ノリディ最安値や効果と副作用、口コミ・体験談

経口避妊薬ノリディを通販でお得かつ安全に購入する方法

望まない妊娠を避けるには、避妊をしっかりと行う事が大事です。

ですがそんな避妊を男性任せにしてしまうと、上手くいかなかったり、うっかり忘れてしまう恐れがあります。そこで、女性側もしっかりと避妊する事により、望まない妊娠を、きちんと避ける様にすべきです。

そして最近は女性が避妊を行う際には、ノリディの様な経口避妊薬を用いる人が多いです。ノリディであれば、決められた用法や用量を守ってきちんと服用しておけば、万が一、男性が避妊をミスしたり、忘れてしまった場合でも、望まない形での妊娠を避ける事が可能です。

そんな経口避妊薬であるノリディですが、処方箋薬であるため、基本的に国内で手に入れるには病院に行く必要があります。

現代女性は何かと忙しく、いちいち病院に行く手間を確保するのは難しいケースが少なくありません。何より病院で処方して貰うと、費用もそれなりに高くなる等、厄介です。

そこでおすすめはインターネット通販を利用して、ノリディを個人輸入するという方法だったりします。というのも海外では、ノリディの市販が許可されている国もあり、そういった国からネット通販という形で個人輸入すれば安く手に入れる事が可能です。

ただし海外のサイトから、直に購入するという方法だと言葉の問題で手続きをミスしたり、違う薬を購入してしまう恐れがあります。 なのでおすすめなのは、日本語対応した個人輸入代行業者を利用する事です。しかもネット上で口コミチェックを行い、実際の利用者から評判の高い個人輸入代行業者を選び出すという方法ならば、安全性を高める事が出来ます。

ノリディをお得に安全に購入するには
1.ノリディは処方箋薬なので、病院で処方してもらうと割高なので通販で購入する
2.通販でも海外サイトから自分で購入すると手続きミスや言葉の問題でリスクが高いので個人輸入代行業者から購入
3.口コミをチェックして、評判の高い個人輸入代行サイトから買う

↓↓ノリディ(Noriday)の購入はコチラ↓↓

↑↑ノリディ(Noriday)の購入はコチラ↑↑

ノリディを最安値で手に入れる方法

ノリディは、プロゲスチンと呼ばれている黄体ホルモンを配合しているミニピルになります。

エストロゲンという卵胞ホルモンを配合していないというところが特徴となっていて、血栓症、片頭痛、高血圧などといった疾患を患っている人でも服用することが出来ます。 そして、煙草を喫煙している方や、赤ちゃんに授乳している期間中の方でも服用することができます。

その反面、注意が必要なことは、妊娠しにくい状態を持続させる時間が、およそ二十五時間ぐらいと一般的なピルより短くなっているため、一定の時間に毎日欠かさず服用する必要があります。

ではそのノリディなどの経口避妊薬を購入することができるのはどこなのかというと、amazonや楽天などの大手インターネット通販サイトやドラッグストアなどでは取り扱っていません。

ノリディは楽天やアマゾンなどの大手通販サイトから購入できない
購入する場合は、個人輸入の代行業者サイトなどで海外から直送してもらうしかないです

ですので、ノリディを手に入れるための方法として挙げられるのは、クリニックなどの医療機関で処方してもらうか、個人輸入を代行してくれる個人輸入通販サイトを利用するという方法があります。

ノリディを、最安値で手に入れるためには、個人輸入通販サイトを利用する方法の方が適しています。 しかし、偽者も多いので、最安値であるという理由だけで個人輸入通販サイトを選ぶのではなく、メーカーの正規品であることが保証している個人輸入通販サイトを選ぶ必要があります。

ノリディの最安値は、2017年現在によると1箱3シートで2,717円、6シートで4,528円です。(1シート28錠)

※米ドルとの為替変動がありますので、日々多少の誤差は出てくる可能性があります。

ノリディを個人輸入代行業者から購入したい場合は、最安値での販売サイトを下記しておりますのでチェックしてみてください。
↓↓ノリディ(Noriday)購入の現在最安値サイト↓↓

↑↑ノリディ(Noriday)購入の現在最安値サイト↑↑

ノリディを個人で輸入し購入する

経口避妊薬のノリディは、代行業者を通さず、個人で使用するために輸入する場合は、原則として地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。販売目的の場合は、厚生労働大臣の承認・許可等が必要となります。

結果、ノリディを個人で輸入するのは可能ですが、海外の現地英語サイトからの購入となりますので、言葉のハードルや、円とドルの為替の問題、輸送のトラブルなどのリスクがあるため、おすすめはできません。

(※海外でのビジネス取引・帰国子女の方など個人輸入経験がある場合は、話は別です。)

医薬品等の個人輸入について
医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業のために輸入するには、薬事法の規定により、厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。   厚生労働省

また、経口避妊薬の中で知名度が高いノリディは、市販薬という取り扱いではなく、処方せん医薬品に指定されていることからドラッグストアや薬局で買い求めることはできません。

そのため、必要な時は医師による診察を受診し処方箋を書いて頂いた上で、調剤薬局に持ち込み入手するという流れになります。ただし、この方法は診察時間内に受診することが困難な方は入手し難いため、個人輸入を商いにしている業者のウェブサイトを利用することで、医療機関に出向くことなくノリディが手配できます。

個人輸入に苦手意識を持つ方が多いのは事実ですが、大手であれば取り扱いしている製品が数多くノリディも取り揃えられていますし実績もあるため、安価かつ安全に手に入れられます。 このような方法でも買い求められるノリディは、黄体ホルモンにおける一部の成分のみを含んでおり、エストロゲンが存在しません。

つまり、通常の製品は避けなければならない偏頭痛や血栓症、高血圧症を患っている方でも使用可能であるということです。 ノリディは持続時間が短めなので、定められた時間にしっかりと飲むことが求められるため、個人輸入する場合は6シート分が4500円程度で手配できる会社を選びましょう。

ノリディによる副作用はあるのか

低用量ピルは正しい服用することで高い避妊の効果があったり子宮系の治療にも使われる等、女性にとって強い味方になる存在です。

しかし低用量ピルに配合されるエストロゲンによって、副作用の中で最も危険ともいえる血栓症のリスクがあるため喫煙者や使用する人の年齢によっては注意して使用したり、場合によっては使用そのものが出来ない可能性があります。

それに対しノリディはミニピルの1つで、低用量ピルと異なりエストロゲンが配合されておらずプロゲステロンだけが使用されています。そのためノリディを使用しても排卵そのものを停止することは出来ませんが、プロゲステロンの効果によって子宮内膜を厚くし着床を防いだり、子宮頚管からの分泌を促すことで精子の侵入を防ぐことで避妊の効果を発揮したり生理周期を整える効果があります。

つまり低用量ピルと同じ避妊や生理周期を整える効果はあるが、血栓症という恐ろしい副作用を非常に少なくしたのがミニピルであるノリディなのです。

血栓症のリスクが非常に少ないため喫煙者でも使用することが出来ますし、血栓症のリスクによって低用量ピルの使用が出来なかった人でもノリディを使用することが可能になりました。

ノリディによる副作用は少ないとされていますが、食欲不振や吐き気、乳房の張りや痛みなどを症状として感じることがあるので、個人差があることは否めません。しかし血栓症のリスクが少なく、幅広い年齢層で安心して使用することの出来るピルなので、人気があります。

経口避妊薬ノリディの口コミや体験談

さいとうさん
ノリディは飲み方は簡単なのでずっと愛用しています。月経が始まったら飲み始めるので生理中でもずっと飲み続けていました。1シートに28錠あり、それを1サイクルとして飲むのでわかりやすいです。毎日1錠ずつ飲めば、28錠がなくると同時に飲むのをやめるだけです。同じ時間帯に飲むといいとされているだけなので、朝か夜どちらかに飲み続けることで効果を発揮できます。出産後の授乳中でも飲める避妊経口薬なので、助かりました。ノリディを初めて飲んだときは、生理のリズムが乱れましたが、今は整っていて調子もいいです。他の避妊薬だと気持ち悪くなったり性欲が全くなくなったりするという現象が起きていましたが、ノリディではそれが起きませんでした。ノリディを飲み始めてから良かったことといえば、お肌の調子もついでによくなってきたことです。お肌が前よりも強くなった気がします。冬は肌がすぐに乾燥してカサカサになったりしていたのが、潤いを保てるようになりました。ローションをつけるとすぐに赤くなっていた肌が、強い成分を含むローションをつけてもすぐには荒れなくなりました。ひび割れを起こしていた手や足が滑らかになるなど、避妊以外の効果があったのはうれしい限りです。
ねぎしさん
避妊のためにこれまではピルを飲んでいましたが、3人目が生まれてからもうこれ以上妊娠しないように授乳中でも避妊できるアイテムはないか探したところ、ノリディを見つけました。輸入品なので安全性とか結構不安な面もありました。 でも、口コミを見てみると副作用があまりなさそうでしたし、これなら良さそうだなと思ってノリディを利用してみることにしました。 ノリディを飲む前までは、ピルを飲んでいましたが色々時間を計算しなければならなかったりするので面倒な所がありました。何よりも私の場合はピルを飲むとどうしても頭痛がしてしまうので辛く感じることも多かったです。 でもノリディを飲み始めてから全くそういった副作用を感じることもないのでとてもありがたいです。 口コミの中には飲む時間が決まっているのでそこが大変というものがありましたが、私の場合は全く大変なことはなくむしろその方が飲み忘れがなくていいなという感じでした。 ノリディにしてから精神的にも飲み忘れの事を気にしなくてもよくなったので楽になりました。料金的にも以前よりも安くなりましたし、やはりノリディにかえて大正解でした。 夫人も私の副作用による機嫌の悪さがなくなったので喜んでいます。これからも続けて飲みたいと思います。
まきのさん
結婚して2児を出産した後も旦那が性欲が強くて性行為を毎晩のように要求して来て、コンドームで避妊してきました。 コンドームを付けて性行為してくれてましたが、コンドームが破けたりズレて外れた事があって、その都度妊娠したんじゃないかと不安な日々を送ってました。 性行為を断ればいいんですが、そうすると浮気されるのが不安だったので、産婦人科からピルを処方してもらってました。 だけど病院が遠くて処方してもらいに行くのに大変だったので、簡単に入手できるピルを探していて、ネット通販サイトでノリディピルを見つけて使ってみた私の体験談です。 ノリディピルを注文してから1週間ぐらいで届いて、説明書きに書かれている通りに、生理開始日から毎日1錠のペースで飲み始めました。 薬を飲むのは苦手で、カプセルかと不安でしたが、思っていたよりも小さい錠剤だったので簡単に飲めました。 ノリディピルを飲み始めて、7日後からコンドームなしで性行為しても避妊できると書かれていたので、以前のようにコンドームがずれたり、破れたりする心配がなく無くなって、旦那との性行為を安心して楽しめるようになりました。 1年間ノリディピルを飲み続けてますが、これと言って副作用も出なくて避妊できてます。


ノリディ(Noriday)の購入はコチラ